AndroidでAirPodsを3ヶ月間使ってみた正直な感想。機能の違いも解説

どうも、ブロガーのナッツ太郎(@nuts_blog)と申します。

突然ですが、「AirPods」持ってますか??

人気のあまりしばらく品薄状態が続いておりましたが、最近になってようやく手に入りやすくなってきたように感じます。

僕も先日立ち寄った家電量販店で売っていたため、その場で即購入してしまいました。

主にiPhoneではなくAndroid端末に対して使用しているのですが、かなり使い心地が良いです。まじで買ってよかったと思っています。

そのため今回は、AndroidでAirPodsを使ってみた感想・使い心地についてご紹介していこうと思います。

Androidを使っているのにAirPodsを買った理由

僕が普段Android端末を使用しているのにも関わらず、AirPodsを購入した理由は主に3つあります。

理由1.iPhoneだけでなくAndroidでも使用可能だった

「apple製品なのでiPhoneでしか使えないかもしれない」なんて思っていましたが、しっかりAndroidでも使用可能です。

というより、AndroidにかかわらずBluetoothの機能が備わっている製品ならば使用可能です。

正直ぼくも半信半疑で「買った後に接続できなかったらメルカリで売ってやろう」なんて思っていましたが、問題なく使用可能でした。

理由2.単純にBluetoothのイヤホンが欲しかった

僕はよくランニングをするのですが、走っている最中に音楽やラジオをよく聞きます。

これまでは普通のコード付きのイヤホンを装着していました。

しかし、走っているときってコードが揺れて体にバシバシ当たるため、非常に邪魔くさいです。

そのストレスから解消されたかったのでAirPodsを買いました。

おかげでランニングがめちゃくちゃ楽しいです。

理由3.とにかく見た目がおしゃれ

ちまたでは「耳からうどん」などと呼ばれているAirPodsを装着した姿。

賛否両論あるかと思いますが、僕はとてもおしゃれだと思います。

「あー!早く耳からうどん出したい!!」という気持ちが強くなってしまい、購入に至りました。

今では街中だろうが電車内だろうが場所を選ばず、どこでもドヤ顔でAirPodsを装着しています。

AirPodsのスペック

AirPodsのスペックを簡単に説明します。

  • 重量:左右それぞれ4g
  • マイク内蔵
  • 1回の充電で連続5時間再生可能
  • 複数回充電できるケースでの充電も含め、24時間再生可能
  • 15分の充電で約3時間再生可能

こんな感じです。

主に充電に関することばかり書いてしまいましたが、要するにめちゃくちゃ充電の持ちがいいってことです。

いざ、開封

AirPods

こちらがAirPodsのケース。

さすがapple、無駄を省いたシンプルなデザインです。

内容物はこんな感じ。

  • ①充電ケース
  • ②充電器
  • ③説明書
  • ④AirPods本体(左右)

以上の4点です。

こちらが夢にまで見たAirPodsです。おたまじゃくしみたいでかわいい。

実際に装着してみると、しっかりとしたフィット感を感じることができます。

試しに四方八方に頭をシェイクしてみましたが、僕の首が痛くなるだけでAirPodsが落ちる気配は全くありませんでした。

重量も重くないので、数時間装着していても耳が疲れてしまうことはなさそうです。

こちらは充電ケース。普段はこの中に収納して持ち運び、使うときにはココから取り出して使用します。

このケースに充電器を差し込むことで、ケース自体に充電を溜めておくことができます。

「AirPods本体の充電はどうやってやるんだ?」と思うかもしれませんが、このケースに本体を収納するだけで勝手に充電されます。

そのため、外出中でコンセントがない場所でも充電を気にせず使用することが可能です。

実際にAndroidでAirPodsを使ってみた感想

やっぱりコードレスって超便利

これはBluetoothのイヤホン全般に言えることですが、コードがないってめちゃくちゃ便利です。

コードに対するストレスがなくなったわけですから、それはもう幸せな気持ちでイヤホンライフを送ることができています。

充電の持ちが長い

充電ケースに溜めてある充電の分も合わせると、約24時間再生が可能。

丸々一日使用するわけでもないと思うので、2・3日の旅行とかだったら充電器を持たずに行っても大丈夫だと思います。

ちなみに僕の場合、普段使いで1週間に1度ケースを充電するかしないかぐらいのペースです。

イヤホンって一日の中でちょこちょこ使う場面があるので、充電が長持ちするのは非常にありがたいです。

音質は思ったよりもイイ

「Bluetoothのイヤホンだから音質悪いんでしょ、はいはい。」って思っていましたが、予想よりかは良かったです。

もともと音質にこだわっているほうではないので参考にならないかもしれませんが、ノイズが少ないような気がします。

ただ、普段から音質にこだわっていて何万円もするイヤホンを使っているような人はやめたほうがいいかもしれません。

個人的には全然良かったレベルです。

AirPodsを落としやすい

こちらは少しマイナスな点。

自分の不注意が原因なのですが、歩きながらリュックからAirPodsを取り出そうとしたところ、手元がもたついてケースごと地面に落とすという大失態をやらかしました。

落とした衝撃でケースのフタが開いてしまい、片側のAirPodsが道路に投げ出される事態に。

幸いにも排水溝に落ちて紛失、なんてことにはなりませんでしたが本当に危なかったです。

おかげで購入して数日しか経っていないのにド派手な傷が。その日は涙が止まりませんでした。

このケース小さくてツルツルしているので、落とさないように気を付けてください。

落下・紛失防止のためにこういった商品もあるみたいのなので、心配な方は一緒に買うのもいいかもしれません。

iPhoneでは出来るけど、Androidでは出来ないこと

昔使っていたiPhoneが家にあったので、そちらにも試しに接続してみました。

すると、iPhoneとAndroidで使える機能に少しだけ差があったので紹介しようと思います。

耳から外すと再生停止

どのような原理になっているのかは分かりませんが、iPhoneに接続した状態で片方のイヤホンを耳から外すと、自動的に再生が停止されます。

なので、誰かから話しかけられたときや周囲の音を聞きたいときにはとても便利だと思いました。

しかしこの機能、残念ながらiPhoneだけにしか備わっておりません。

Androidに接続した状態でイヤホンを外しても、相も変わらず再生され続けます。

なんとかしてAndroidにもこの機能を対応させてほしいところです。

音声アシスタント(Siri)

iPhoneだと右側のイヤホンを2回タップするだけでSiriを起動することができます。

マイクも内蔵されているため、そのままSiriに話しかけられるということです。

当然AndroidにSiriは備わっていないため、右側を2回タップしてもSiri姉さんは出てきてくれませんでした。

その代わりに、2回タップで再生を停止することができます。けどあまりこの機能は使わないかな・・・

バッテリーの残量チェック

iPhoneは通知画面から「充電ケースの充電残量」と「AirPods左右の充電残量」を確認することができます。

しかし、Androidにこの機能はありません。正直、この機能がないのはちょっと辛いです。

一応、充電ケースに備え付けられているランプの色でだいたいの充電残量は把握できますが、細かいところまでは分かりません。

ですが、appleの公式ではありませんがAndroidのアプリで充電残量を確認できるモノもあるみたいです。

品薄かと思いきや普通にAmazonに売ってた

僕はなんとなく立ち寄った「某家電量販店」でたまたまその日に入荷していたAirPodsを発見しました。

ずっと品薄で売っていなかったので「うお、ラッキー!AirPods売ってるじゃん!即買ったるわ!」といった感じで急いで購入。

しかし、後日Amazonをチェックしてみると。

普通に売っていました。しかも僕が店で購入した値段よりも安い値段で。

僕が店で買ったときは税込みで18,140円でしたが、現在Amazonでは約17,500円で売っています。(時期によってAmazonでの価格は変動するかもしれません)

絶望しました。Amazonに対する嫉妬心でどうにかなってしまいそうです。

皆さんも僕みたい嫉妬心で心が支配されてしまわないように、事前にAmazonでの価格を確認してから購入することをおすすめします。

[まとめ] AirPods買おうか迷っているなら間違いなく買い

以上が実際にAirPodsを使ってみた感想・使い心地です。

値段は少々お高いですが、お値段以上のクオリティで大満足。

もっと早く買わなかった自分をひっぱたいてやりたい気持ちでいっぱいです。

AndroidでもAirPodsの良さをしっかりと体感できるので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です