格安タブレット「Amazon fire HD8」感想・レビュー。画面が大きくてKindle本が読みやすい!

どうも、ナッツ太郎(@nuts_blog)と申します。

買ってしまいました。

Amazon Fire HD8

Amazon fire HD8

細かいことは後にして、さっそくレビュー開始!

なぜ「Amazon fire HD8」を買ったのか

まず、僕がタブレット端末を買おうと思った理由としては

  • Kindle本を読みたい
  • 動画を見たい
  • Evernoteを利用したい

の3点。

中でも、本を読むための端末が欲しいってのが一番の理由です。

一応、Kindle専用端末の一番安いモデルは持ってるんですが、なんせ白黒のみの表示なので画像付きの本が読みづらい事この上ないです。使い分けとして普通のタブレットも買っとくかって感じです。表示がカラーで、画面サイズも大きいほうが読みやすいので。

絵を描いたり画像や動画を編集するというわけではなかったので、そこまで高いスペックのタブレットは必要ではないと考えていました。

これらの条件を踏まえてネットで探していたところ、AmazonサイトにてAmazon fire HD8が11,980円で売っていました。

「いくらなんでも安すぎるだろ、、オモチャか!?」

と思ったんですがまさかのタイムセール中で、Amazonプライム会員はさらに4000円引きと書いてあり驚きと嬉しさの余り昇天。

Amazonプライム会員になっていることに感謝をしつつ購入。結局7,980円という破格の安さで購入することができました。

基本的なスペック

スペック Amazon fire HD8
ディスプレイサイズ 8インチ
解像度 1,280×800
RAM 1.5GB
バッテリー 最大12時間
重量 369g

スペックはこんな感じ。

個人的にこの価格でこのスペックならば十分だと思います。

開封の儀

中身は

  • 本体
  • 説明書
  • USB
  • 充電アダプター

の4点でした。

背面はマット使用になっていてサラサラとした手触りがなんとも気持ち良い。

指紋は目立ちにくいですが、手の脂みたいなのが若干残る感じ。特には気にならんです。

ちゃちゃっとWi-Fi接続等の初期設定を済ませ、ホーム画面へ。

「ほう・・・意外と画面キレイじゃねーのよ。」

思っていたより色鮮やかである。

実質8000円弱で買った端末、期待などあまりしてなかったのにもかかわらず予想のはるか上を行くクオリティ。いいじゃないか。

Amazonさんのとどまることのない技術力・向上心に、乾杯。

Amazon fire HD8でできること

Kindleを読める

大きな画面で読む本ってこんなに読みやすかったんか!って思いました。

Kindle専用端末は特殊な画面表示をしているため、画像付きの本を読むと画像が潰れて非常に見づらいです。(その分文字は紙に書かれているかのような表示がされている)

しかしタブレット端末だと画像も鮮やかに表示され、拡大縮小もしやすいので画像を多く含む書籍を読むならタブレットがおすすめです。

画面が大きい分、マーカーを引いたりする細かい作業もやりやすい。

プライムビデオを見れる

8インチHDディスプレイで30,000作品以上の邦画・洋画・海外ドラマ等バラエティに富んだ作品を見ることができます。(Amazonプライム会員である必要あり)

 

あと、スピーカーが端末の横の部分に上下二箇所に配置されているため、横向きでビデオを見る際、非常に臨場感のある音を楽しめます。Good。

音楽を聞ける

約4,000万曲以上の洋楽や邦楽を聞けます。(Amazonプライム会員である必要あり)

自分でプレイリストを作ることもできる。ただ、Google Play ミュージックやSpotify等の音楽配信サービスと比べると、やはり曲の少なさは感じます。特に邦楽。

まぁプライム会員に入ってるだけで聴き放題なんで、実質タダみたいなものです。

ちなみに本体上部にちゃんとイヤホンジャックもあります。

いろんなアプリが使える

このAmazon fire HD8、GoogleのAndroid端末ではないので、Google Play ストアで配信されているアプリを使用することはできません。(もちろん、Appleで配信されてるアプリもムリです)

でも、数は多くないですがAmazonで配信されているアプリは使用可能。

どうしても使いたい!ってアプリがある方は、事前に検索してアプリがあるかをチェックしておいたほうがいいでしょう。

ちなみに僕の場合、Evernoteのアプリを使いたかったんですがちゃんとありました。他にはHuluやNetflixなどの動画サービスアプリや音楽アプリ、有名なゲームアプリ等も入っています。

しかし、YouTubeの公式アプリはなかったので、YouTubeはブラウザから見るしかなさそうです。

他にもAmazonでのお買い物やカメラでの撮影、ネットサーフィン等、タブレットらしい機能は備わっていました。

実際に使ってみてのレビュー

意外とずっしりとした重さ

まず、最初に手に取って感じたのは、”意外と重量感がある”ということ。

重量は369g。

iPhone7の重さが138gなので、約2.7倍の重さ。まぁタブレット端末からしたら一般的な重さでしょう。

めちゃくちゃ重いってわけでもないですが、仰向けに寝転んで数十分使用するのは厳しそう。腕がもげてしまいます。

おすすめが出てくるのがありがたい

Kindleやビデオ、ミュージック等を使用していると、自分の購入・使用履歴からオススメを表示してくれます。

そんな機能いらん!って人もいるかもしれませんが、個人的にはこの機能かなりGood。

自分の趣味・嗜好にあったものが表示されるため、自分にぴったりの良いコンテンツと巡り合える可能性が高いです。

思ったより動きがサクサク

使用するWi-Fiの電波強度にもよると思いますが、予想以上にサクサクぬるぬる動きます。

本のページめくりや、ビデオを再生するときの読み込みもかなり早い。

でも、使っていく中でいろいろアプリを増やしたり、データをダウンロードする量が増えると多少のもっさり感はでてくるかも。要注意。

充電は一日持つ

一応、公式での最大稼働時間は12時間。

ずーっと動画を見てたら12時間も持たないと思いますが、普通に使用する分には一日余裕で持ちました。

こんな人におすすめ

  • 格安タブレットがほしい
  • Kindleで本を読みたい
  • 映画やドラマが好きだ
  • 音楽もまぁまぁ聞くよ
  • Amazonプライム会員なうorなってもいい

こんな人にはAmazon fire HD8、かなりおすすめです。

でも、最近のタブレットは他にも安くて性能の良いものがあるので、自分の用途と照らし合わせながら気に入ったものを購入したいですね。

それと、今回僕が購入したときのようにAmazonは定期的に、Amazon関連のアイテムをAmazonプライム会員限定でタイムセールしている場合があります。

かなりお得になる場合が多いので、ぜひ見逃さないようにしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です