【レンジで簡単】4ヶ月間、週5日で温野菜を食べ続けた感想。

どうも、ナッツ太郎(@nuts_blog)。

かれこれ僕は4ヶ月ほど、週に5日くらいのペースで昼ご飯に温野菜を食べています。

そのメニューや続けてみて実感したことを紹介してみようと思います。

昼ご飯に温野菜を食べ始めた理由

それは、単純に野菜が好きだったからです。

肉も魚も好きだけど

肉・魚<<<野菜

です。

きっと僕の前世は青虫だったんだと思います。

あと、筋トレもしているので体脂肪を減らしたいという理由もあります。

これまでの昼ご飯はカップ麺やチャーハンなどの炭水化物主体のものばかりでした。どうにかして野菜を昼ご飯に組み込もうと思っていたところ、レンジで簡単に温野菜を作れるというアイテムを100均で発見したので、温野菜を食べることに。

メニュー

実際に僕が食べているメニューは

  • 温野菜
  • 鶏むね肉
  • 白米
  • 豆腐

こんな感じです。では一つずつ解説していきます。

温野菜

野菜の種類は主に

  • 白菜
  • レタス
  • エリンギ

の3種類です。これらの他に気まぐれでもやしやキャベツを入れたりしています。

味付けはポン酢のみです。最初は和風ドレッシングやごまドレッシングで食べていましたが、塩分と油の摂りすぎなんじゃ・・・と思ってやめました。

まぁポン酢にも結構塩分含まれてると思うんですけど、酢の仲間みたいなもんなんでいいかなと・・・。かけすぎはダメ、ゼッタイ。

鶏むね肉

量はだいたい100~150gくらい。食べる理由はたんぱく質摂取目的です。

小さく切ってゆでた物をそのままポン酢をかけて食べています。冷めてる状態だと恐ろしいほどにパッサパサなので注意。

他の野菜を巻いて食べるとデリシャス。

白米

白米は炭水化物なので、体脂肪を減らすという目的がある場合は食べないほうがベターです。ではなぜ食べてるのかというと、筋トレするときのエネルギー源ってのと、白米無しだと腹持ち的にきついからです。

量自体は結構少なく、お茶碗半分もないくらいなので良しとします。

豆腐

普通の豆腐です。たまに温めてから食べますが、めんどくさいときは冷たいままポン酢をかけて食べます。

豆腐は大豆製品なので体にいいんですよ。たんぱく質も豊富かつヘルシー。

食べ続けてみての身体・心境の変化

実際に4ヶ月食べ続けてみての身体の変化を述べてみます。

身体の調子が良い(気がする)

もともと身体の調子が悪いわけでもなかったのではっきりと比較はできないんですが、なんとなく身体の調子がいい気がします。

「おいおい、てきとーなこと言ってんじゃねーぞ!!このタコがっ!」というヤジが飛んできそうですが、こればっかりは仕方ない。

”自分は野菜を多く摂取しているから身体の調子が良いに違いない”と心のどこかで思い込んでいるのかもしれません。プラシーボ効果ってやつですかね。

どちらにせよ悪い方向にはむかっていないのでいいです!

味に飽きる

めちゃくちゃ飽きます。なんなら今現在かなり飽きてます。

最初の一ヶ月は和風ドレッシング、2ヶ月目はごまドレッシング、3、4ヶ月目はポン酢といった感じですが、同じ味が続くとすぐ飽きてしまう。

最初はめちゃくちゃうまかったんですけどね・・・「エリンギあまっ!白菜の風味がたまんねぇーー!!」って感じだったのに。

今では「まーたこの味かよもう!!!」ってなります。

そろそろ味付けをポン酢から変えないと、ポン酢を嫌いになってしまいそうなレベル。

体脂肪・体重が減った

体脂肪が1.5~2%、体重が2kgほど減りました。体重を減らしたいという気持ちはなかったんですが、結果的に減ってしまいました。

筋トレをしていたというのも理由の一つだとは思いますが、確実にこの食事の効果はあったと思います。

2ヶ月でこの結果というのは、ダイエット視点で見たらそこまで良くないのかもしれませんが、健康的に減らせるという点ではかなり良いのではないでしょうか。

まとめ

レンジで簡単に温野菜ができるなんて便利な世の中になりましたね。

僕は家だけでなくバイト先でもレンジを使って食べています。

  • 「体脂肪を減らしたい!」
  • 「健康を気にかけたい!」
  • 「前世がたぶん青虫!」

こんな人は試しに温野菜を食べてみるのもいいのではないでしょうか。おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です