LITSTAの小銭入れと長財布をレビュー。お札と小銭を分けたい人におすすめ!

どうも、ブロガーのナッツ太郎(@nuts_blog)と申します。

突然ですが”小銭とお札”って、一緒の財布で保管していますか?

それとも、別々の財布で保管していますか?

おそらく、一般的には一緒の財布に入れて持ち歩く人のほうが圧倒的に多いのではないだろうか。

かく言う僕もこれまで一緒の財布派だったんですが、なんとなく「小銭とお札分けたほうがカッコ良くない?」と感じて、思い切って別々の財布にすることにしました。

どの財布を買おうかネットで探した結果、LITSTAというブランドの長財布小銭入れをセットで購入したのですが、控えめに言って最高でした。

なので今回は、便利でスタイリッシュすぎるLITSTAの小銭入れと長財布をレビューしてみようと思います。

LITSTAの小銭入れ

こちらがLITSTAの小銭入れ。

LITSTAの小銭入れ

素材は牛革で出来ており、表面はツヤ消しの加工がされています。高級感。

ポケットにすっぽり入るくらいのサイズ感です。

中を開くとこんな感じ。

小銭を種類別に保管可能

この小銭入れをネットで見つけたとき、衝撃を受けました。

10、50、100、500円玉をそれぞれキレイに整列させて収納させることができるんです。こんな小銭入れは今まで見たことがなかったので驚きました。

入れられる枚数は10~100円玉が6枚、500円玉が5枚といったところでしょうか。押し込めばもう少し入りそうですが、なんとなく壊れそうなので入れすぎないようにしています。

正直買う前は「個性的で便利そうだけど、使いづらかったらどうしよう…」なんて思っていました。

が、実際使ってみたら非常に小銭が取り出しやすい。

おまけに、どの小銭がどのくらい財布の中に残っているのか一目瞭然なのでけっこう便利です。

小銭を金具に挟み込んで固定しているため、激しく振っても小銭が飛び出るようなことはなさそうです。ガッチリホールド。

ミニポケットやカード収納スペース有り

1円玉と5円玉は整列させて収納することができないので、横のミニポケットに入れることになります。

口が大きく開くので小銭を出し入れしやすく、中の視認性抜群。

常に1円玉を5枚、5円玉を2枚くらい入っているようにすれば充分ではないでしょうか。

また、カードを収納するスペースも2カ所あるのでちょっとした外出はこれ一つだけで済ませられそう。

LITSTAの長財布

こちらはLITSTAの長財布。小銭を入れるスペースはありませんが、その分薄くてスタイリッシュ。

LITSTAの長財布

中を開くとこんな感じ。

余分な機能等は一切無く、必要最低限の機能に抑えられているイメージです。シンプル・イ・ズ・ザ・ベスト。

お札を入れるスペース

お札を入れるスペースは2箇所あります。

頻繁に使うであろう千円札は手前に、使用頻度の少ない5千円札、1万円札は後ろのポケットに収納するとよさそう。

どちらも横からスライドして出し入れするため、お札が引っかからず出し入れしやすいです。

ちなみに他にも大きなポケットがあるため、レシートを保管するスペースもしっかりあります。

カードは7枚収納可能

カードを入れられるポケットは7つ。

決して多くはないですが、なんとかやっていけない枚数でもないのかなぁという印象。

もっとたくさんカード入れてぇ!」という方は、1ポケットに2枚ずつ入れることも可能です。

まとめ

小銭入れは小さくてコンパクト、長財布は薄くてスタイリッシュ。これらを買ってから財布を持ち歩くのが非常に楽しみになりました。

僕は長財布と小銭入れをセットで購入しましたが、LITSTAには他にもマネークリップや二つ折り財布など、いろいろな種類の財布があります。

同じブランドのアイテムを2つ以上揃えることで、一気におしゃれな人になった気分になれますよね。

気になった方はぜひともチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です